経験豊かな講師陣によるビジネス研修を通じて人材を育成し組織を活性化させます。

◆ 携帯版サイトもございます
お問合せ
前の記事  |  次の記事  ]

コミュニケーション研修

CS向上・社内コミュニケーション・戦略構築などのベースとなるコミュニケーションスキルを向上するプログラムです。

 

研修カリキュラムとポイント

・コーチング

人のモチベーションの仕組みをベースに、傾聴・質問・承認によって、部下が「自ら問題を発見し行動に移す」コーチングスキルを習得します。同時にリーダーとしての在り方、マネジメントについても考えます。

コーチングのスキルは、営業やプレゼンテーション、会議運営など様々なビジネスシーンに有効です。

・ファシリテーション研修
やみくもに長引く会議、意見がなかなか出ない・・会議の悩みは大きいです。会議の場を作り、人の意見を引出し、話し合いを見える化し、納得のいく合意形成とつなげる・・・ファシリテーション の仕方を学びます。

・社内コミュニケーション向上(ES)研修
CSを支えるためには、報連相など社内コミュニケーションが大変重要です。ただ、実際にはいつどのように伝えるべきか判らず、その結果、よくない評価につながっていることがあります。相手の状況の把握と優先順位を鑑みるなど、実践に役立つスキルを取得します。若年層中心にニーズが高い研修です。

・階層別研修(新入社員研修)
学生との違いを明確にし、社会人に必要なビジネス意識を定着させます。更に、意識を行動に反映できるよう実習を多く取り入れた研修です。自律協調型の社会人を目指します。

・階層別研修(リーダーシップ研修)
自ら価値を作り出すリーダー(価値創造型リーダー)を育成します。自分のビジョンとチームのビジョンの作成法や、部下への注意の仕方・ほめ方、会議でのファシリテーションの仕方など価値創造型リーダーとして必要な要素を習得します。

・JTトレーナー研修

ゆとり世代の新人と価値観、仕事観で大きな違いを感じたことはありませんか?
彼らの特性を把握し、新人のやる気を引き出す指導方法を学びます。ティーチングとコーチングの使い分け、指示の
出し方や注意の仕方など具体的な指導ポイントを紹介します。


・メンタルヘルス
ストレスとは何かを理解し、個々人のストレス耐性を高め、コミュニケーションのある職場を作ることにより、生産性を高めます。